軟水・硬水

軟水・硬水

普段、私達が飲んでいるお水には、「軟水」と「硬水」という種類があったことをご存知でしたか?日本には軟水が多く、ヨーロッパなどには硬水が多いといった話は、耳にしたことがあるかもしれませんね。
確かに、日本の水道水などは軟水で、ヨーロッパのエビアンなどのミネラルウォーターは硬水なのですが、それでは硬水と軟水には、どのような違いがあるのでしょう。
まず、水の「軟らかい」や「硬い」といった表現は、簡単にいうと水の中に含まれているカルシウムやマグネシウムの含有率を現した「硬度」と呼ばれる数値の値が、高いか低いかで決められています。
つまり、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれる水が硬水ということになります。
普段、私達が飲んでいる軟水は、WHOの基準で硬度の数値が120mg/L以下のものを指していて、一般的に口当たりが柔らかいので、煮込み料理やお茶やコーヒーに適しているでしょう。
ヨーロッパなどに多いといわれている硬水は、WHOの基準で硬度の数値が120mg/L以上のものを指していて、一般的にしっかりとした飲み応えを感じるようです。
ちなみに、赤ちゃんのミルクを作る際には軟水のお水を使うようにしましょう。
硬水にはミネラル分が豊富に含まれているのですが、体の発育が未熟な赤ちゃんにとっては逆に体への負担となってしまいます。
ミネラルウォーターを利用する際には、必ずお水の種類をチェックするようにしてくださいね。